意識改革

前のページ | 1 2 |

仕事のできる人 できない人

仕事を進めるための必要な要素

1.技術(スキル)
業務知識、技術・技能、IT操作、報連相。
管理技術、創造技術。
2.意識(マインド)
顧客第一、お客様の立場
スピード
3.システム(道具、機械)
理に適った管理の仕組み
理に適った生産の仕組み

このページの先頭へ戻る

技術による三つの要素

1.スピード
どれだけ早く仕事ができるか。時間が資源。
でも、早くてもいい加減になってはいけない。
2.正確さ
正確に情報が伝わり、正しい仕事ができているか。
でも、正確でも納期遅延してはいけない。
3.ミスなし
ミスは、仕事の初歩段階、慣れの段階に多い。

以上の三点が満たされているかを点検し、技術磨く。

このページの先頭へ戻る

1.仕事ができる人のスピード

空き時間がない
時間を有効活用している。段取り上手。
知恵度が高い
同じ仕事をしても早い。
並行して仕事ができる
管理職になる必須項目。
全部下の仕事を把握。
エネルギーに満ちている
仕事ができる人は皆元気。

このページの先頭へ戻る

2.仕事ができる人はミスを重ねない

仕事のできる人の態度
何度も確認している。反省できる人。
(あなたは書いた文章を読み直しする人?)
おおちゃくをしない。ルールを守る。
忘れない。(メモをしている)
自己投資している。他から学ぶ。
したらどうなるか。よく考えている。

このページの先頭へ戻る

3.これからの時代の必要な考え方

1.実力を磨く

1.実績がその人を決める。
→人の目はごまかせない。
2.知識は当然必要だが、それを使って成果を出さなければ、ただの念仏の暗記。
→発展は具体的成果に裏打ちされる。
3.会社は、人生の中で実力を磨く最高の場。
知力気力体力が磨かれる。
4.常に自己を磨き続ける姿勢を忘れない。
→知識を得続ける。
→経験を重ね続ける。
5.磨くということはマサツを伴う。
→困難な仕事。逃げない。
→クレーム。
→人間関係。
6.仕事をすればする程、得になる
→結局自分のためになること。

このページの先頭へ戻る

2.バランス感覚を磨く


善は、人・時・所によって変わる。
ある人にして良い事が、他人に対して悪になることがある。
→上司、部下によって善悪が変わる。
過去良かった事が、現在、悪になることがある。
→バブル期のやり方。
他の環境で良かった事が、現在の環境では悪になる。
→以前の成功体験が仇になることもある。

このページの先頭へ戻る

前のページ | 1 2 |